So−Co

どうしても書きたいことを書き散らかす日記
どああどあ
うわー5月だ。何もしない生活満喫!と思いきや、4月はいろいろ忙しくしておりました。
幼児のチアダンスを教える話が進んでおります。先日保育園で研修に行ってきまして、超かわいいの。
こちらを気にしてる子って 気にしてあげると最後には超仲良くしてくれます。
新しい良い出会いがたくさんありますように。

さて、中野にてドアアドアのツアーファイナルでした。どうでもいいけど「アドア」という言葉には
スマッシングパンプキンズの「アヴァアドア」という思い出がありますので
MP3先輩にプラちゃんの最新アルバムをお願いするとき、A行を探しても見つからないという魔法を
何度となく繰り返したものです。D行だよ!では未来の自分が忘れないように書いておきますね。
 
続きを読む >>
| 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
横須賀
は!その前に、私事ですが3月末で契約満了で退職しました。
5年間てあっという間だなぁ。仕事場で関わって下さった方々、本当にありがとうございました。
後半すごく大変だったけど、全体的にすごーく報われた職場でした。心臓に鳥肌が立つほど。
初めての得る手応えや感触、嬉しさとかをたくさん感じることが出来た、貴重な期間でした。
一生の付き合いにしたい人達もたくさんいます。皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

で、ご褒美を頂いたのですよ!
初めての横須賀です。同じ神奈川県内とはいえ旅でございます。
師匠が横須賀の神様からご褒美を頂き、何とも素晴らしいあっちゃん側のお席で拝見しました。
初日です!これからまだまだ先が長いので中身知りたくない人は気を付けて!
続きを読む >>
| 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
doorAdore
クラブチッタとの相性は相変わらず良く、頑張ってきたご褒美を頂きました。
川崎大師があるからご利益のある川崎のライブ。雨神様、馬鹿神様、阿呆神様、ドラム神様と
たくさん神様のいるバンドです。ありがたやー。

 
続きを読む >>
| 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
サイト作っちゃった。

https://ik23illust.jimdo.com/
 

前々から作ろうかなと思っていたイラストサイトをとうとう作ってしまいました。
結構真面目にやっていますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。
すっごい真面目にやってるから冷やかしはご遠慮くださいね。にっこり。
右下のリンクから飛べまーす。

| 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
No.0
拝聴しました!ありがとうございます、生きててよかった!
なんかもうねぇ、知ってる音なのに知らない曲ばかりでビックリしますね。
最初から最後まで「わぁ、アニィのドラムだなぁ!」ととても思うアルバムです。
音の厚さとかデジタルとアナログの絶妙な兼ね合いとか、音質の安定感が物凄くて
大好きなやつだ!バクチク先輩だ!と思います。
通勤が一回目なので初聴きもいいところなのですが、行き帰りで一回りして全く曲が分からない!
一瞬マイナスさんっぽいのがありましたよね、ソフトバレエというかマイナスというか。
いや、バクチクなんですけど。

さて、答え合わせしよう。予想かもーん。

>凄い、今回のアルバム、あっちゃん臭がプンプンしませんか。
>何となく統一感があって、コンセプトアルバムみたいな印象を受けますがどうなんだろう。
 これ何となくあってる気がする、統一感ありますよね。

>あと私が絶対ハズさないのは1曲目。これは今井さんでしょう。
>今井さんが作る奇妙で高揚するアレでしょう。無題の親戚だったらいいなぁ。
>でも一曲目だから無題は無いか。ただすげー速かったら困るなー。
 1曲目の今井さん、正解。ただすげー全然速くなかった。し、無題の親戚じゃなかったです。
 どっしりした超美人な人生の大先輩的なお姉さんが手下を引き連れて入ってきたような曲でした。
 この奥行き感すごいなぁ。


>2のタイトルすごいですね、あっちゃんぽい世界が爆発してる。
>前作の 美ネオユニバースに通じるものがあるのだろうか… と安直に考える私。
>だとしたらダジャレソングになりますね。作曲は星野さんの面白方面じゃないかと期待。
 今井さんの曲であっちゃん節満開。流れは普通なんだけど途中のいろんな音がすっごい奇妙。
 無知の涙とか蝶蝶の親戚っぽくもある、グラマーな曲。


>3曲目はグランドブダペストホテルのサントラみたいなやつでしょう。
>一瞬まともそうで実は奇想天外そうな。今井さんの作詞作曲でどうですか。
>もしくはインタールード(「作詞」って見えてるから)。
 すげ外してる!(当てる気ない)インターで流れた時に咄嗟にイヤホンを外して
 聴かないようにした曲です(必死)。 すごくまともな猫の歌でした。
 とてもソフトバレエっぽい、マイナスさんぽいリフ(あれはリフというのか)。

>
>4曲目、タッキュー石野がいい仕事して下さってるという噂の。
>私 今回ガードを固くしておりましてまだ聴いてないのですが、何かしら公開されているのでしたっけ。
>このままバベルと共にすげー楽しみにしております(と言いつつインターとかでうっかり聴きそう)
 すっっっごいいい曲じゃないですか!なんですかこれ!びっくりしたよー。
 女性の詩であっちゃんの歌い方もとても優しい。永遠のロマンティッカー櫻井の真骨頂。
 何か冊子で 日本で有数の安定感のあるピッチの櫻井(うろ覚え)と書かれているのを拝見しましたが
 ロマネスクのあっちゃんがこんなに成長して… と本当に本気で思うくらい歌がうまい。


>そして師匠がご自分で好きなはずだと予想する5曲目です。
>あっちゃんが好きそうな危険なタイトルです。私はこれがスーパー敦司タイムの1曲なのではと予想しつつ
>実は星野作曲かしら。ストンとした星野さんの曲をあっちゃんが俺色に染めた薔薇色十字団。
>上手い!
 あ、当たってる!星野曲ですって!でもストンとしてない!星野の振り切った方の曲だ。
 私 実はこういうメロディを歌ってない曲が好きでですね、あっちゃんの歌い方もたまらんですね。
 この上の旋律ガナってるの星野さんですよね、にやにや。ライブで見るの超楽しみ!


>師匠がスーパー敦司タイムの1曲だと予想する6曲目ですが、私は今井さんが作った女性言葉の歌だと予想。
>いいなー。今井さんの作詞ってグッときます。あ、でもサロメだからあっちゃんかなー。
>今井さんの作ったロメンス寄りのすっごい綺麗な曲かなー。あ、歌謡曲は今回やりますか?(質問)
 野蛮な星野曲!SHT(スーパー星野タイム)でもありSAT(スーパー敦司タイム)でもある1曲。
 これ、すごいいいバランスですね。Bメロの転調に心がグッとつかまれます。
 今井さんの影が全くないわ…… 今井さんの女性言葉どこー?


>これ私、本当にひと目も見てないんですけど、7曲目はヒデ作曲あっちゃん作詞じゃないかと本気の予想。
>タイトルが好き過ぎます。スノウホワイト再びか。正統派の美人さんが来そうな予感。
>で、この6と7のタイトルの並びが美しすぎてねー。こういうので7倍くらい期待してしまうわ。
 あ、当たってる!正統派星野曲じゃないですか。あっちゃんの独壇場ですね。
 俯瞰で見てるのに急に登場人物の視点になる。あっちゃん臭が強いと予想していた私、正解。
 ところで「永遠のまま」って「ん?」ってなりません?
 

>8曲目の光の帝国はキラキラしたアコースティックのバラードかな。
>っていうイメージは、まんまかつての「王国」ですね。国つながりです。ちっとは捻って予想しろ。
 今井さんの独壇場。ナイトポーター、アンモナイト、螺旋ってもう…っ!
 秋田さーん!ありがとー!(秋田さんはいつも正解)と言ってるうちに奇天烈なギターソロタイムです。
 まともに作り過ぎると今井さんはどっかで自覚的に崩しにかかる。ですよね。
 あー、こういう奇天烈なギターソロ久々。嬉しい。


>9曲目、星野曲。今回 何となくラテンは来ない気がするんですよね。前回大目にやってるから。
>で、ノスタルジアといえばタンゴですよ多分。数年前にすみれさん達とやったのとは別の、
>派手さを潜めた郷愁系タンゴ(大胆な予想)。星野さんの新境地。すげー外すだろうなー。
 ばか!めちゃくちゃ今井さん祭りじゃないか。副題がついてるのを いま初めて知りました。
 このアルバムの中で一番好き。さっきも言ったように朗読的なの好きなんですよ、夜歩くとか(しつこい)。
 マンモスの夜の気配はこれだったんだね!よく読むとややゲルニカ的な影も感じ…ないか。
 あっちゃんに「黄昏点滅っ」て言わせた今井さんありがとうございます!
 なんかの点検かと思うほどの目の覚めるような滑舌の良さ。
 
つか、マイクに向かうすげー格好いい今井さんが生で見られるってことじゃないか!

>10曲目はJ的なやつ、というか、Jさんが好きそうな今井さんの早くてギャンギャンした曲。
>boyの従弟的な。だから師匠が気になったんじゃないかという… んふふふ。
 ねぇこれ大当たりじゃない?!モザイクナイトで絶対Jさんかけたと思うわ。
 焔の言い方が若い今井さん。こんなさぁ、「狂った太陽」聴いてた時に
 あと20年後くらいにこんなに歌ってる今井さん、って誰が想像したかしら(嬉)


>そしてバベル。ゲッコーヨーアイセイ。そこだけは歌えます。それは知っているということなので次。
 若干のシングルだなぁ感は出ちゃいましたが、それでも知らない気持ちで聴けます。
 バクチクの伝統芸というか、今井櫻井組の安定感を代表する曲だなぁ。
 今後、ツンドラかバベルか、という感じになりそうな曲。“頽れてなお、我はバベル” ってすごい覚悟ですよね…


>12曲目。これ!私が好きなやつだと予想。
>ゲルニカの夜… 何か聞いたことあるなぁと思って頭の中の引き出しを開けて探してみたのですが
>上野耕路さんとか遠藤ミチロウさん(何故か)とかボン!と一気に思い出してモヤモヤして、
>最後に辿り着いたのがマンモスの夜でした。ふ、震えた…っ!
>だからと言って早口の語りではないはず。或いは まさかの神風再びか。神風大好きです。
 語りはもう出てしまったのですよ、黄昏点滅。これもインターで流れてきて急いでイヤホン外した曲。
 ほんと、どこに罠が掛けられてるか分かんないから怖いです。今井さんの好きな曲。
 三拍子とあっちゃんは絶望するくらい似合いますね。そういう曲です。
 今井さんがそういうあっちゃんを誘い出すために作った本気の曲。夢でよかったよ、と本気で思いました。


>最後の曲です。スーパー敦司タイムは件の薔薇色十字団とサロメとこのラストの曲ですよね。
>COSMOS系かなー。鼓動系かなー。そんな安直な予想しかできない私。
>胎内回帰で無題はないと思うの。ね、今井さん。
 スーパー敦司タイムは間違いなかったですが、コスモス・鼓動とはまた違う方向でビックリ。
 こんなに熱量が高いと思わなかったしテンションの高さも、なんか心臓とか腹に来ますね。
 ミディアムなのに心拍数が上がる感じで、ある種 無題と同じような重量を感じます。
 葬列が終わって また生まれるんだなぁ。


圧倒されてるだけで一枚が終わってしまった…
何となく私 微妙にじりじり近づいていってる気がするんですけどどうですか。朗読来るでしょう、とか。
まぁ大半は大外しなんですけど。No.0、アルバムを通してとても好きです。
空気が詰まってて、次元が違う感じがすごく素敵。音楽と言葉で異次元を作れるって素晴らしいです。
そしてきっとそういうライブが繰り広げられるのでしょう。楽しみだなぁ!
あと9000回くらい聴いて横須賀に備えたいと思います。
| 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
気の抜けている日々

先日代講に行かせて頂いたのですが、まさかの財布を忘れましてビックリしました。
私、なぜかパスモを2枚持っていてですね、どちらかがアレでもどちらかが生きているという
どうしようもないいい加減な人間の見本のような持ち方をしているのですが
ピッとしたら360円くらいしか入ってないの。やべー、先にチャージしておこうと思って
財布探したらなくてそうか忘れたか、と思ったんですがもう一枚あるから行けるかと思いまして
しかも行き先が360円以内で行けてしまうことも分かってちょっと油断していたわけです。
で、その日のレッスン後にお給料頂けるはずなので、帰りの心配はしなくて大丈夫と思い込んでいてですね。
…この書き方だともう一波乱あったと思うでしょう。それがなかったのです!
一瞬不安に思ってもう一枚のパスモの残金を見たら1000円弱入っていたし、
代講先にも無事について楽しくレッスンもさせて頂いたし、お給料も頂いてこれました。
これでもう一枚の方が39円くらいしか入ってなかったらさすがに嫌な汗かきますよね。
どっちもスッカラカン なんて事はイイカゲンクイーンの私には普通にあり得ますし
気温も暖かくなってきて少し緩んできている自覚もあるので、ちょっと引締めようと思いました。
ちなみに、代講先ではようやくプリンスの曲でジャズの振りを作ることができて嬉しかった!
もう少し作り込んできちんと発表できるものに成長させられたらいいなー。

さて。

今週は初っ端から緩んでます。いま全国的にBTパイセンお祭なので、
タワーレコードのカフェ行ってきちゃったよ!

お客さんが座ってる後ろにパネルがあるので、その方がお席を外した隙を狙ってお写真を撮るという。
だからこの三人が精一杯でした。なるほどこういう感じの店内だったのか、と思うことしきり。
コラボレーションメニューがあるというのに普通にビーフストロガノフを頼んだのは私です。
ホットティーもとてもおいしかった。ガパオライスと迷ったんです。コラボもくそもない。
師匠はしっかりバクチク先輩カレーをオーダー。お飲物だってもちろん櫻井さん考案。

アトムのライブを大きなスクリーンで流してくれて、私、これ買う!と思ったわ(持ってない)。
その後タワーレコードへ行き、パイセン達にまみれて来ました。

か、かっこいいいいいい…っ だいたいタワレコカフェ⇒タワレコという流れで
お客さんも移動しているという。そりゃそうでしょう。

そしてこちらも忘れずに。

タワーレコードいいなぁ。アーティストに対する愛が溢れてる。
そう言えばカフェでご飯食べながら プラちゃん達がカフェやったらどうなるかなぁと
師匠と喋っていて、きっと菓子パンにマックスコーヒーとか、長崎のカステラとか売ってるんだよ
なんて笑い合いました。ここにはとても深くて明るい愛が流れているのです。
パイセンもプラちゃんも大好きです!
まだもう少し仕事しないといけないんだから腑抜けてちゃいけない!沢山楽しかったから頑張る!

| 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
芸達者ということ
doorAdore聴きました。
ニコプラ座を12か月間見守って来た者としての感想は、
「やはりシングルはシングルだ!」という一言に尽きます。
番組をやるごとにPV流すということはセールス的に効果的でもあり
「これはシングルだ!」という刷り込み効果もありますので
=アルバム聴く時に既にちょっと飽きてる。という図式が成り立つ。申し訳ない。
これは多分 私だけに当てはまることなんだろうなぁ と思うよ!みんなはきっと大好きだ!
だからシングルの売上に貢献できない自分を申し訳ないと思いつつ
私はアルバムのために禁欲的にシングルを聴かないようにしてるところがあるのですが、
しかしそれはバクチク先輩に対してだけ効果があるアレなのです。
だってバクチク先輩は アルバム出すよ!って言ってから初めてシングルが出るんですよ。
もしくはシングルが布石になってその半年後にアルバムがリリースになる。
でもプラちゃんはアルバム出す出さない関係なくシングル出すでしょう。
しかもシングルのリリースに合わせてライブもやる。
シングルのためにライブやるのなんてカルチャーショックでしたもの。

それは置いといて。

改めてdoorAdoreを聴いていると、剥製に比べて力が抜けているなぁというか
剥製が、ある種 思い詰めて作ってある感じが浮き彫りになったというか
剥製に比べるととてもカラフルだなぁという印象があります。
自分は単純なので、ややジャケットの色味に左右されるきらいがあるのですが
モノクロのドアのジャケットなのに中がキラキラしてるのを感じるのは珍しい。
何だかすごく瑞々しさを感じるんですよね。
そこで初めて「剥製」は室内っぽいアルバムだったんだなと思ったりの新しい発見が。

遠国ね、たださんの真骨頂と思いました。空中ブランコか遠国か。ドはまりです。
嫌いなわけがないじゃない!なんなら大好きじゃない!くらい。静かな迫力がありますね。
たださんの「こっち側」のいいところが全部凝縮してる曲だなぁと思いました。
それと同じくらいの圧を感じたのがサーチアンドデストロイ。
あんなに静かなのに空気がすごい濃密で奇妙な迫力があります。
アキラさん純文学かよ。口語体をこんなに巧みに歌詞にしていく人を私はこの人の他に一人しか知らない。
しかもギターがもはやエレクトリックカウンターポイントですもんね。
アキラさんて何なんでしょうね。目立ってしまうだけに音楽的な素養、手数の多さにびっくりします。
コンテンポラリー踊れてヒップホップも上手くてバレエもすげーできるダンサーみたいな人だ。
ケンさんの曲ありきなのですが、改めてここんちは意外性の塊だなぁと思いました。
ケンさんはニコ生で「客席をぽかーんとさせようと思って作りました」みたいに言ってましたけど
それだって音楽いろいろ知ってないと作れないですよね。
これを聴いて初めてブルーバックを聴いた時の衝撃を思い出しました。
なんならブルーバックのインストちょうだい!と思いましたが(本当はインストのつもりだったんですよね)
あれを聴いて「ケンさんを只者じゃない!」と瞠目したと当時に、アキラさんの懐の大きさにもびっくりした。
のが再現されている。しかも歌詞を伴って。
と、ギャップがあるだけについこのお二人を褒め殺してしまうのですが、
これをプラちゃんたらしめているのがたろさんの歌だし、たださんのボトムの安定感なのですよね。
発声や歌い方のバリエーションも たろさんならではだし、これはニコプラ座ででしたが
「最初の一行で誰が書いた詩か分かる、その人のつもりになって歌う」と仰っておられて
まさしく たろさんが媒体となって書いた人の世界を完成させているんだなぁと
このアルバムを通して如実に感じました。
だからこそのたださん曲の安定感というのか、ホーム感というのか、千葉組の長年の付き合い感はすごい。
このバンドの活動年数も伊達ではないなと思います。で、遠国に戻るんですけど。
たださんのこの手の曲に歌詞を作り込んだ時のたろさんのハマリ具合たるや。
と思いきや、「いろつき」の最後に あははは!とさせられて かわいいかわいい、プラ好き!ってなってさ。
一つか二つ、何か「やられた!」ってなるところが大変にうれしいなぁと思うのです。
ライブ楽しみだなー。
| 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
ちちのはなし。

そういえば、書家のようなことをしている父が個展を開催しています。明日までです。
企画から開催当日まであまり時間がなかったのでカツカツの準備期間のようでしたが、
父の書いた絵や字を使ってしおりを作ってお土産にしたり、壁に貼れるタイトルを作ったり
だいぶ楽しんでお手伝いしておりました。お土産って大事だよねー、そだねー。
今日はお休みでしたので、午後からは時差出勤で家族総出でおもてなしをしておりましたが、
近所にお住いの方も足を運んでくださって、すごく面白い人たちとお話しさせて頂き
なんかとても頭を使って疲れたけど、逆に元気にもなったなぁ。
絵描きでシャンソン歌手で、人形や衣装も作って、詩も作って即興で披露するという舞台を続ける
超多彩な芸術家のおねえさま(人生の大先輩)がずーっとお話して下さったり、
20年くらい会っていなかった従兄が家族で遊びに来てビックリしたり、
自分の事ではないけれど こういう出会いもまた、父が繋いでくれたご縁なのだなぁと思いました。


字や絵にも、真面目で正統派なものからユーモアのあるものまで 沢山の表現手段があるね。
ユーモアや愛嬌ってとても大事!本当にそう思います。

| 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
恒例のアレだよ!

出たよ!予想して外そうよ!

見てこの必死さ。
ばくちくさんは毎回不意打ちですから、声を出す暇もなく速攻で手で隠して写真撮ってみたのです。
凄い、今回のアルバム、あっちゃん臭がプンプンしませんか。
何となく統一感があって、コンセプトアルバムみたいな印象を受けますがどうなんだろう。
こうしてタイトルが出るといよいよだなと思って気持ちが上がってきます。楽しみ!

師匠ともちょこっとだけ話したんですが、多分師匠が好きなのは5曲目と10曲目らしいです。
5曲目はそうだろうなぁ!私も多分好き。いま気づいたんですが、薔薇「色」十字団なんですね。
薔薇十字団かと思った。ギリギリアウトですよね。

あと私が絶対ハズさないのは1曲目。これは今井さんでしょう。
今井さんが作る奇妙で高揚するアレでしょう。無題の親戚だったらいいなぁ。
でも一曲目だから無題は無いか。ただすげー速かったら困るなー。

順を追っていくことにします。
2のタイトルすごいですね、あっちゃんぽい世界が爆発してる。
前作の 美ネオユニバースに通じるものがあるのだろうか… と安直に考える私。
だとしたらダジャレソングになりますね。作曲は星野さんの面白方面じゃないかと期待。

3曲目はグランドブダペストホテルのサントラみたいなやつでしょう。
一瞬まともそうで実は奇想天外そうな。今井さんの作詞作曲でどうですか。
もしくはインタールード(「作詞」って見えてるから)。

4曲目、タッキュー石野がいい仕事して下さってるという噂の。
私 今回ガードを固くしておりましてまだ聴いてないのですが、何かしら公開されているのでしたっけ。
このままバベルと共にすげー楽しみにしております(と言いつつインターとかでうっかり聴きそう)

そして師匠がご自分で好きなはずだと予想する5曲目です。
あっちゃんが好きそうな危険なタイトルです。私はこれがスーパー敦司タイムの1曲なのではと予想しつつ
実は星野作曲かしら。ストンとした星野さんの曲をあっちゃんが俺色に染めた薔薇色十字団。
上手い!

師匠がスーパー敦司タイムの1曲だと予想する6曲目ですが、私は今井さんが作った女性言葉の歌だと予想。
いいなー。今井さんの作詞ってグッときます。あ、でもサロメだからあっちゃんかなー。
今井さんの作ったロメンス寄りのすっごい綺麗な曲かなー。あ、歌謡曲は今回やりますか?(質問)

これ私、本当にひと目も見てないんですけど、7曲目はヒデ作曲あっちゃん作詞じゃないかと本気の予想。
タイトルが好き過ぎます。スノウホワイト再びか。正統派の美人さんが来そうな予感。
で、この6と7のタイトルの並びが美しすぎてねー。こういうので7倍くらい期待してしまうわ。

8曲目の光の帝国はキラキラしたアコースティックのバラードかな。
っていうイメージは、まんまかつての「王国」ですね。国つながりです。ちっとは捻って予想しろ。

9曲目、星野曲。今回 何となくラテンは来ない気がするんですよね。前回大目にやってるから。
で、ノスタルジアといえばタンゴですよ多分。数年前にすみれさん達とやったのとは別の、
派手さを潜めた郷愁系タンゴ(大胆な予想)。星野さんの新境地。すげー外すだろうなー。

10曲目はJ的なやつ、というか、Jさんが好きそうな今井さんの早くてギャンギャンした曲。
boyの従弟的な。だから師匠が気になったんじゃないかという… んふふふ。

そしてバベル。ゲッコーヨーアイセイ。そこだけは歌えます。それは知っているということなので次。

12曲目。これ!私が好きなやつだと予想。
ゲルニカの夜… 何か聞いたことあるなぁと思って頭の中の引き出しを開けて探してみたのですが
上野耕路さんとか遠藤ミチロウさん(何故か)とかボン!と一気に思い出してモヤモヤして、
最後に辿り着いたのがマンモスの夜でした。ふ、震えた…っ!
だからと言って早口の語りではないはず。或いは まさかの神風再びか。神風大好きです。

最後の曲です。スーパー敦司タイムは件の薔薇色十字団とサロメとこのラストの曲ですよね。
COSMOS系かなー。鼓動系かなー。そんな安直な予想しかできない私。
胎内回帰で無題はないと思うの。ね、今井さん。

という感じで12曲予想しました。今回もキレてないですね。過去の記憶から引っ張ってき過ぎた。
でもすっごい楽しみにしてるのです。何しろタイトルが秀逸ですもの。
字面だけ見ても世界が広がるじゃないですか。ほんとこういうところも好きです。
予想を裏切られた曲の前例ですが、「宇宙サーカス」とか本当に好き。
あーーーたーのーしーみーー!どんな答え合わせになるかも楽しみー!

 

 

| 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
Change

昨日はわかばちゃんの主催するADSさんの第2回発表公演を見に行ってきました。
どーん
 
前回に引き続き、みさタコスゆうかちゃんがゲストでご出演です。他のゲストの方々も素敵でした。
前とは作品のカラーを変えてきたなぁと思ったり、メンバーが変わったなと思ったり。
この方とはお稽古してきた場所が近そうだけど、私はこんなにきれいに踊れないなぁとか
体に余裕があって素敵な踊り方をされるなぁとか。だんだん自分も動いているような気持ちになったり。
パンフレットを拝見して あれ?と思ったのは、遠藤夏美さんが初めましてじゃないこと!
一瞬ご挨拶したことがあるだけなのですが、なんというビックリ。世界は狭い。

そうそう、びっくりつながりで人との出会いもありました。
川崎市民プラザへは溝の口からバスで向かったのですが、市民プラザに行くバスがなかなか来なくてね。
バスを見送ること2本目、さすがに不安になってきて思わず話し掛けてしまった方が
第1回発表公演の時にご出演されていたADSメンバーの方だったという。
何というビックリ!こちらもその方のお顔をおぼろげながら覚えていて(まじまじ)
ということは、私も客席からその方を注目していたわけですよ。
ようやく来たバスのお隣に座らせて頂いて、前回の公演の話で盛り上がって、そうこうしているうちに
会場に到着したのでした。最後、ご挨拶できずに失礼しました。

去年に続き2回目の公演、わかばちゃん本当にすごいなぁと感心するばかりです。
そして踊りこなすADのメンバーズの方々もすごい!歌っちゃうメンバーもいて、それもすごい!
おっと、となる場面もあったかもしれないですが、それを覆い尽くすほどのファンタジーでした。
踊ってくれてありがとう、いいものを見た!という感じです。
前回も書きましたが、やっぱり踊りには人柄や経験、人生が出るんだなぁ。
私がこんなにがつがつ踊ってるのが恥ずかしくなるほど、皆さんの余裕というか ゆとりというか
ご本人たちはきっと必死に違いないのですが、なるようになる!と舞台に向かってる感じがすごいのです。
楽しい!も 楽しんでほしい!も 良く見せたい!も 全部全部のって、あの舞台が完成していました。
そこまで持って行った皆さんにも脱帽ですし、まとめ上げたわかばちゃんにも脱帽です。
そのご苦労は計り知れませんが、きっとすごく大変だっただろうけど 凄く楽しかっただろうな。
最初の場面も前回とリンクしていて、こういう始まりもありだなぁと思いました。

みさの、一緒に踊っていたら見られない表情とか初めて見たような気がして わぁ、と思ったり
表現が体の真ん中から真っ直ぐ出ているように見えてねぇ。凄いなぁ。
タコスが本気の女装を見せてくれたり。女装大好き。ウィッグが可愛かったんですよ!
後ろ姿はタコスなんですけどね、後ろから見てお膝が外向いてるのが面白すぎました。
ゆうかちゃんがコントをしていたり。滑舌がいいから物凄くキレてて映えてました!
可愛くてねぇ。コントというより 本物のコメディエンヌを見た気がします。大好き。
もちろんわかばちゃんのダンスも。こなれた感じが格好良くて、自分にないものなので感心しました。
そもそも足が長くてスタイルが良いんですよ。堂々としてて代表!という貫禄がありました。
ゲストチームのダンスも素敵でした。それぞれ世界をお持ちで、大事に作品を作られていて。
何だかすごく 自分も頑張ろう、みたいな気持ちになってしまった。有難いことです。
きっと次もありますね。楽しみにしていよう。

劇団Qさんの面々も見に来られていて、帰りに呼んでもらって一緒にご飯を食べました。
この舞台がきっかけで、みんなにも会えて嬉しかったなー。ありがとうございました!
人との繋がりを作ってもらえて本当に感謝です。
から揚げと焼き鳥がおいしかったです。鶏肉が好きです!また来週!

| 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
| 1/65PAGES | >>
FlyingSaucer1947
しゃふと(笑)
おいでませ
ブログパーツUL5
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
recent comments
recent trackbacks
categories
archives
links
others