So−Co

どうしても書きたいことを書き散らかす日記
2018

明けまして今年もよろしくお願いいたします!
お風呂に入っている間に年が明けているという、いつものやつでした。
時間の概念があると本当に節目節目でびっくりするくらい気持ちが変わります。
今年は現職場の契約も満了を迎えますし、新しい職探しとか仕事自体の方向探しもしつつ
今だからできることを模索しながらついでに婚活みたいなことも真剣にしないとだ。
諦めてないんだから!(って人に言うと実現するとか聞いたから書いてみる)

長期休暇になると大体引きこもるのですが、夏の引き続き 心を入れ替えて
すごく出歩くようにしていました。誰も興味ないと思うけど自分が忘れないように残しとく!
1日は元旦で初詣行ったし、2日は上野にアンデス展を見に行きました。
アンデス展はあまり把握しないで姉と母についていったような形でしたが
展示されている様々なものから大昔の人々と繋がるのを不思議な感覚で捉えてました。
というか、彼らが作ったもの達が本当に可愛いのです! 一部をご紹介。
 
 ↑うちのパパにそっくり                   ↑楽しそう(実際には「羽交い絞めにされている」と書かれていた
 
 ↑瞑想                           ↑にゃー!(威嚇)

 ↑にゃー!(実は小さい 

 ↑トウモロコシの神様(だっけ)

絶対かわいいと思って作ったでしょ!っていうものが沢山あって楽園でした。
と思いきや、年代が近くなってくるごとに他者との力関係が明確になってきたり
残酷なことも行われるようになったり、それらの説明もあったりで
人は本当に、人類レベルで「三つ子の魂百まで」なんだなぁなんて思ったり。
それでも其処此処に人への愛も感じたりして、後半は若干ぐちゃぐちゃになりました。

3日はグダリまして、4日はゆかちゃんちへ遊びに行きました。
仁くんが喋るようになっててびっくり!会話をしている事に進化を感じました。
りりちゃんのお姉さんぷりも板についてきていて、すごく頼れる!
3月の発表会を楽しみにしております。もろにも会えて嬉しかった。
ゆかちゃん、ご馳走様でした!
で、今日は父と新宿高島屋に現代書道20人展を見に行きました。
やはり書の世界にも「今」の傾向があるのだなと引き続き思う。
女性の書家さんのは流石に繊細で、女性受けする作品が多ございました。
また隷書のお稽古やり始めよう。

明日から仕事はじめですが(なんで土曜から…)本気出すのはここからですね。
入試業務もありますし、学生ちゃん達には今を乗り切って明るい春を迎えてもらいたいものです。
マジで!応援してる!私も頑張る!
寒の入りだそうです。皆様もお体にお気をつけて、共に明るい春を迎えましょう。

| 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
20171229

今井さんが最後「最高でした、ありがとー」みたいなこと言ってた!それが最高じゃないか!
ハプニング最高じゃないか!

帰り道にメモ帳にポチポチしていたそのままでございます。それしか覚えてないのか。
you watching WOWOW。予約をすっかり忘れていたという致命的なこともしたよ。
あっちゃんのMCが冴えわたっていた30周年のしめくくり。

続きを読む >>
| 11:36 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ふみち
しわす

ひー! 必死に生きてたらあっという間に年末になってしまった…
今年の発表会 ”JAM★JAM2017”@ラゾーナ川崎プラザソルは、12月23日に無事終了いたしました。
可愛かったなぁ… 子供たちが一生懸命音に合わせて踊ってるのなんて本当に奇跡です。
足首捻ったり気持ち悪くなっちゃった子もいたけど、無事に終われました。良かった。
私も足攣りながら心身共に充実感一杯で踊らせて頂きました。
足をお運びくださった皆様、また気にかけてくださった皆様、ありがとうございました!
最後までどうなることかと思っていましたが、現場に入らないと分からないこともあるし
実際動いてみないと分からないことも沢山あって、それでもみんなで一つずつ臨機応変に対応して
いつもと違う状況の中でいつのも通りに力を出していくっていうことができて(できたと信じてる)
誰も彼もに気配りできていることなんてきっと出来ていないのだろうけど、
それでも最善を尽くして、その場その場で精一杯取り組んでいくことが大事で
そうした結果が「よかったねー」「たのしかったー」というみんなの表情に出るのだと思いました。
そんなこともうずいぶん前から知ってるんだけどね。

自分も踊るのに沢山お手伝いして下さったあっこ、まなみ、さきこ、本当にありがとうございました。
照明さん、音響さん、カメラさん、映像さん、いつもの心強い面々です。今回もありがとうございました。
がっきーの安定感は勿論のこと、学くんが物凄く音響さんぽくなってて月日の流れを感じました。
それから受付をお手伝いくださったゆうかちゃん、とっきー。ばらしをお手伝いに来てくれたごめすも
お忙しい中ありがとう!
まみママも、ご挨拶ができず失礼しましたが本当にありがとうございました。
それからまこっちゃん、司会とダンス、本当にお疲れ様でした。ありがとございました!

みさまみタコスの先生たちも本当にお疲れ様でした。いい振り作るんですよ、みんな。
毎回楽しませてもらってます。今回はタコスのイケメンズナンバーがめちゃくちゃ面白くて
DVDできたらきっとそればかり見るだろうと思います。それぞれがそれぞれに最高だった。
先生たちは子供たちの振付け、指導、運営だけでなく2部もダンサーとしてほぼ出ずっぱりで踊って
私 何もしてないのに「疲れた…」とか言っちゃってごめんなさいと思いました。

ユウキ先生のタンゴもありまして、ゲストさんも来て頂いてのスペシャル舞台でした。
子供達は前から見ていましたが、幼い時分からそういうものと接することが出来るのは幸せです。
タンゴチームの佐和子さん、るみさんとも長い付き合いになってきました。嬉しいなー。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、去年に引き続きTシャツも作りまして、そこに絵を描かせて頂きました。
今年はショッキングピンクです!お稽古以外で着れないだろう派手な可愛いやつ!


きゃわいいー!
最後のナンバーで全員がこのTシャツ着てて、ほんと可愛かったです。
全体リハーサルの時にも こたろう君・小学一年生が「これ嫌いじゃない」的なことを言っていて
好きって言ってくれていいんだよ〜と思いつつ 嬉しくて顔が緩みまくった2017年12月でした。
みんなの2018年が今年以上に楽しい一年になることを祈って。

| 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
発表会だ!

明日だよー!10月以降の月日の流れにびっくりしちゃう。

子供たちのリハーサルにもお付き合いしてきまして、前回よりさらに上手になって
しかも大きくなって、初めましての子達も可愛くて、月日の流れにびっくり(2回目)。
明日は川崎はラゾーナ川崎内にあるプラザ ソルというホールで行います。
2部制で、1部が子供たちの発表会、2部が大人たちの公演「the gift」となります。
私は主に2部の方で踊らせて頂きます。ショーダンスって楽しいなぁ。
1部は満席ですが、2部はまだご案内できますのでお問い合わせください。
熱を出した11月からあっという間の年末です。記憶がない。
クリスマスっておいしいの〜?状態ですが、社会人なんてそんなもん。
見に来て下さる皆様に楽しんでいただけるように こちらも楽しんできまーす!

| 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
DIQ2017
はじまりはじまりー!
で、お師匠様にチケットを取って頂き、新しく完成のカルッツかわさきへ。

例の如くなのでお付き合いいただける方はどんぞ。
続きを読む >>
| 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
素晴らしいものについて

最近 世武裕子さんと波多野裕文さんがライブを一緒にされていたじゃないですか。
これは行った方がいいやつではないか!と思って物凄く行きたかったのですが、まぁ予定が合わず…
私 世武さんのTOO FARという曲が物凄く好きで、リハーサル帰りの電車の中でずっと
どこにも出す予定のない振りを勝手に作ってステージングまで考えたりしたくらいなのですが
そうね、最初2人のデュオなんだけど途中で4人になってシンメでユニゾンして
一人ずつ捌けて最後また2人になってさぁ、照明は白ベースで衣装も白でさぁ、とか他愛のないことを延々と。
で、なんとお二人でこの曲をされている動画が世武さんのいんすたぐらむに載っているではないか!
これ生で見た人 本当にうらやましい。その場にいたら号泣ですよね。美しいわ。
その流れで波多野さんのソロの「同じ夢を見る」を拝見したのですけれど、これまた美しくてですね。
ピープルはどっちかというとアヴァンギャルド目な曲が好きでよく聴いているのですが、
一番好きなのは映画綺譚、というかTalky Organは1枚を通して最高に素晴らしいと思っています。
余談ですが、セラミック・ユースはどうしても亡くなった伯父と重ねてしまうのですが
家庭の縁が薄い人で、自身の家族よりも私達に繋がりを求めているのが分かっていました。
昔から飄々とした人だったので ごく当然のように受け入れていましたが、
彼はよく電話をかけてきて、コーヒー豆やパンや、弟である父にあれやこれやを送ってくれたり
我が家へ来てコーヒーを入れさせ、お茶やランチをして夕方に帰ったりとなかなか自由な人でした。
彼が病気だと聞いてから そんなに早く世を去ってしまうとは思っていなくて、
でも多分、彼はここから退く準備を着々と進めていたのだろうなと思うのです。
 君が生まれて最初にしたこと、それから毎日つづけたこと
 君が生まれて最初にしたこと、受話器を置いて、最後にしたこと
よく電話をかけてきた彼が、最後に父と話したあと、受話器を置いて、何を思ったんだろう。
ちょうど彼が亡くなる年にこの曲を聴いて、この1フレーズを聴いて物凄くびっくりしたことを覚えています。
実際に見たこともないのに、勝手に伯父が、彼の家の台所で薬缶に火をかけて
ひとり過ごしている姿を思い浮かべて、きっと本当にそうだったに違いない なんて思い込んで
切ねえなぁ、おじさん、切ねえよ、と泣いた時期がありました。今もその像が思い浮かびます。
ほんと、厄介な性質をもったなぁと自分で自分に辟易しますけども。

で波多野さんがソロ作品を出されいたのは存じ上げていたのですが未聴で、動画があることすら知らず。
自撮りのワンカットでこんなに雰囲気のある物作れる?!と思ったのですが
楽曲の素晴らしさと夜中の墨田区の素敵さが相まってこのクオリティか!と感動した次第です。
この人は竜太朗さんと同じ種類の「作りたい人」なのだなぁと思ったのですが、
きっと音色一つでどんな世界も自在に作れる方でもあるのですね。
共通する好きなものも多そうだなぁ、80年代、90年代にたくさん音楽を聴いてたんだろうなぁと思ったら
そうだそうだ ソフトバレエが好きだったもんね、と思いだしてさぁ。もう!すき!


あ、ちょっと飛んでいいですか。
最近のVの人は 誰々さんに憧れて、誰々さんになりたくて、みたいなのが分かり易いほど分かるのですが
バクチクはそういうの関係ないじゃん。YMO好きで布袋さん好きで、でも自分から出るものは
それとは全然別のもの、かといってバウハウス好きだからそれをやりたいかって言ったらそうでもなくて
それとは全然別のものが自分の中にある。
プラの人も 好きなものや影響を受けたものが外から見てて分かり易いほど分かるけど
別にそれをそのままやりたい訳じゃなくて、やりたい音楽、作りたいものは自分の中から探す、
そこに何か影響を受けたものが垣間見られたとしても一度自分で昇華して出しているのが分かる。
「バンドの人」と「音楽家」の境界はそこにあるんじゃないかなと思っていたりもして、
いやこれは別にあれがいいとかこれがどうとか言いたい訳じゃなくて、常々ぼんやり考えていることで
波多野さんも完全に後者だなと、それだけの話。そこににやにやしてる自分がいる。
そんなの超簡単で、聴いた人は誰でも分かることなんですけど。
ソフトバレエつながりでフジマキさんが心配ですね。どうか何事もなかったかのように復活されますように。
フジマキさんはもうずーっと前から音楽家です。今井さんは、ミュージシャン。
ここも何となく ミリ単位で絶妙な違いがあるような気がしている。

世の中は本当に素敵なものばかりじゃないの。幸せ。
素晴らしいものに出会うと毎日毎日どうしてもそんな事ばっかり考えてしまうよね。

| 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
2017夏備忘録

9月がもう終わるではないか!

バクチクさんデビュー30周年おめでとうございました!!
パレード2日間楽しかったようで各地でロスの声が聞こえておりますが、私は仕事していたよー!
皆さんがトゥイダーで上げてくださる色んな感想を見て、そうでしょうよそうでしょうよ楽しかったでしょうよ、
なにー?!イリュージョンだとー?!今井さんがサンキューバイバイって言っただとー?!と
密かにご乱心でございました。今日初めて見た今井さんの衣装がこれまたチンドンしてて
さっすが30周年、今井センパイはずさねーなー!と深く感動した次第です。
イリュージョンていいよねー!イリュージョンを初めて聞いたのは当時中2くらいだったでしょうか、
こんな頭立てたハードコアそうな人達がこんなポップな曲を作るとは!とそのギャップに心底驚いたものです。
イリュージョンって、今井さんが夢で舘ひろしが歌ってるのを見て、そっこーで起きて曲にしたんでしたよね?
それを生で聴けるなんてほんと羨ましい。何度もうるさいですが、私 セブンスヘヴンとかイリュージョンとか
あの辺りの ああいう曲の雰囲気が物凄く好きなのですよ。うう。あれは毎回やるべきです。
今年のDIQでやってくれないだろうなー。

さて、アイノカタチが終わって夏休みが始まって、毎年8月は限りなくグダグダしたまま終わってしまうので
今年はちゃんとしようと思って結構出歩いたのです。といいつつ記憶がないので整理させてください。

1.下北でランチ難民になってタイ料理食べた。

今年タイ料理ばっか食べてる!

2.アルチンボルドメーカーやってきちゃった。
 
左:母、右:私。やっぱりちょっと違うのが興味深い。チケットをスマホで買えるとか最高です。高いけど。

上野は良いところだなぁ。

3.大きい町のお祭はいいなぁ。血沸き肉躍る。

この子は毎年キレッキレです。すごく上手。

4.日光へ行ってきましたの。


金谷ホテルに宿泊したのですが、行く前、こ、こんな庶民が かかか金谷ホテルさんになんて泊まって
冷たくあしらわれたら悲しいなぁなどと馬鹿なことを危惧していたのですが、金谷ホテル、最高です!
外観、館内、設え、すべてに関わる美意識、風情もさることながら、中の方達の親切なこと。
もうそんな、私ごときに気を使わないでください!と逃げ出したくなるほど(かわいそう)。
総務部長さんでしたか、専務さんでしたか、館内ツアーをしてくださったのですが
中も和洋折衷で、この廊下なんてイギリスのホテルだよと言ったらみんなそう思うでしょう。ほんと素敵。

お土産も最高だ!かわいいい!


5.ディアカウガール!

台風が近くまで来た日、アイノカタチでご一緒した容子さんご出演の舞台を見に行ってきました。
カラーチャイルドさんの舞台は初めて拝見したのですが、すっごいパワーに溢れた舞台でした。
長いこと「そのような形」で舞台を作り続けているスキルの上で、
誰も彼もが自然と「そのような世界」で生きていて、わぁ本当に汽車に揺られてる!とか
本当に窓の外の風景が流れていってる!とか わぁスローモーションだ!とか
すべて人力なのに自然に、違和感なく行われていることに「何かスゴイものを見た!」と思った一時でした。
主宰の渡辺さんの芝居が好きだったなぁ。あと見てない方には何のこっちゃですが保安官の方。
ああいうノリに弱い。でもビーフジャーキーの方とはちょっと違うの。そこの違いは何だろう。
容子さんはさすがの安定感で、発声が抜きんでてました。一声で場がピリッとするような。
そして馬を撫でたり冷蔵庫空けたりコーヒー入れたり、日々そこに生きて日常生活がある。
そのリアリティが表現として浮き出てくるんだわと何となく思ったのだけど。
その日は奇しくも千秋楽で、ロビーコールに出られた容子さんが泣いてらして、
握手した手がホカホカしてて、なんか物凄く ありがとうございました、という気持ちになりました。
何だろうねぇこういうのは。最近こういう感覚ばかりが強くなっていく気がします。
世の中は生きてないと作れない繋がりばかりだねぇ。大事にしていきたいと思います。

6.岩盤浴にいった!
体の中に要らないものが溜まってる気がして、姉を誘って二人で大汗かいてきました。
岩盤浴ってすごいですよね。汗かいた後の爽快感。茹で上がったレタスみたいになりました。
冬に行ったらいいんだろうなと思ったので、今年は冬の岩盤浴活動をしてみようと思います。

そして先週くらいから喉が痛くて ●●しかひかない風邪を引いています。鼻と喉の風邪です。
熱が出ない分 長引くので皆さん注意するように。
ぐずぐずしながら通常の生活に戻りました。ストイックにやる後半戦です。
この仕事場で働けるのもあと少し。できることを精一杯でやってきましょう。
先のことも考えねば。転職先募集ー!

| 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
虚を捨てよ、町へ出よう 弐

虚を捨てよ、町へ出よう 弐  赤坂にて。例の如く備忘録です。
が、一般的な目で見た色んなことも書いてますので長いです。
し、「うるせー」と思う方がいたらごめんなさい。回れ右で忘れてちょ。



長いので畳む。

続きを読む >>
| 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
お盆
夏休みを満喫しているところですが、雨の降り続く毎日でいい加減暑さが恋しいところです。
もう雨、飽きましたー。
アイノカタチからもう2週間くらいですか。本番を基準に考えると日々は本当に早い…

そういえば夏のはじめの頃、凄い暑い日に国立新美術館に行ってきたのです。
何を目的に行ったかというと、これだ。

ジャコメッティ。

写真を撮ってもいいですよというエリアがあって、その空間演出がとても素晴らしかったのですが
まずこのエリアに行く前に、これの指先サイズくらいのミニチュアが配置してありまして
「わー小さい!小さいのに凄くきっちり作られてる!かわいい!!」なんて言いながら見ていたら
その背景に何故か人が動いているのが見えるのです。こういう時の人の思考って面白いですよね。
展示してある背景は壁である という思い込みがあるので、その後ろに人がいることにとても驚くのです。
んんん?!と思ってよく見ると、影の映り込みではなく 後ろのエリアが透けて見えているという仕掛け。
手前の指先ほどの像と同じ形のものですが、大きさが人の身長より大きなもので
それらが壁を挟んで重なって見えるように配置してあり、まるで影のように見えるのです。にくい!

実際、その先に歩を進めて行くと、

このような展示スペースが広がっていて、一番左の像がチラシにもなっていたので ここがメインかと。
もっと暗かったのですが補正しました。



弟さんをモデルにしたものが多いのですが、顔がすごく好みでした。

デッサンも多数展示してありましたが、ペンで線を何度も重ねて陰影を出す手法というのでしょうか。
全く知識が無いので じゃあ説明するな なんですが、線で何度も補って強調することで
お顔の造形を明らかにするような感じというのだろうか。
線がたくさん重ねてあって一見ごちゃごちゃして見えるのだけど、必要な線しか描いてないから
完成形してパッと見ると浮き出して見えるという不思議を目の当たりにしました。

配置がすごく凝っていた印象です。同じような女性像を複数置くエリアも、まるで舞台上のようでした。
センター、上手、下手と配置されている動かぬ彼女たちを、見る側が様々に位置を変えて見るのですが
なるほど、囲んで見てもらうという手法もなくはないんだなと思いました。
その中で実際に動くとなると凄く難しそうですが。
夜中に彼・彼女らはきっと動いたり喋ったりしている事でしょう。


乃木坂は美術館に直結していて、こういう感じがとても好きです。
| 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
アイノカタチ

劇団Q+ 「アイノカタチ」無事に終了いたしました。
足をお運びくださった方々、また気にかけて下さった方々、ありがとうございました!
演出の柳本さんをはじめ関係者の皆様、共演して下さった皆様、
この場に呼んでくれた美沙先生、横浜にぎわい座と のげシャーレの皆様、
本当にありがとうございました。

どうなるんだろう。。。と思った事は正直何度もありました。
小屋入りしてからも 大丈夫だろうか…と思う事は正直何度かありました。
でもそれぞれのお稽古の量、そこにかける時間、自分やみんなとの関係の積み重ねがあり
それらは確実に力になって、それぞれの自信にもなる。
加えて 現場に入ってから現れる瞬発力とか場所の魔法、そういうものが本当にあるんです。
そればかりに頼っていてはいけないのですが、やっぱり力を貸してもらうんだなと思いました。
本番になって幕が上がればお客様からも沢山の力を頂きます。本当に有難いのです。
それを少しでもその場でお返しさせて頂けますようにと思いながら あの場に立たせて頂きました。

携帯カメラのパノラマ機能って凄いね!

この劇団の このタイトルのお芝居に関わることが出来て本当に嬉しかったなぁ。
新しい出会いを頂いて、世界を拡げて頂いて、そこでたくさん勉強させて頂きました。
柳本さんの演出の素敵さ(見本の芝居がとても素敵なのです)や 一人一人を活かしていこうとする姿勢は
一発で何かを捨てそうになってしまう自分にとって学ぶことが多かったです。
また、脚本のしんべえさんと お稽古中写真を撮って下さっていたしんじさんの、受け止める度量の広さ。
お二人は我々の癒しでした。お二人の喜んでくださる姿が嬉しくて頑張れたところもあります。
大好きで、最後一緒に写真を撮りたかったのですが 柳本さんとしんじさんはご多忙で
しんべえさんとのツーショット…と思いきや キクチが乱入。

キクチでかい。

劇団員のみんなは真面目で働き者で一途で、ちょっと不器用だけど一生懸命で可愛くて、
余りある「芝居したい!」というエネルギーで満ち溢れていました。めげないし打たれ強い。それ大事。
初めましてのどこの馬の骨かも分からない自分を温かく迎え入れて下さり、本当に有難かったです。
あれ? 私ずっとここにいたんだっけな、と思うくらい馴染ませてくれて嬉しかった。

ゲストのお一人 中村容子さんは物凄く存在感のある方で、何もかもに安定感があり
このお芝居を稽古の段階から見られるなんて 何てお得なんだろう!などと下世話なことを思ってしまった。
そこにいるだけでその場が締まる、そんな女優さんでした。お話すると凄くかわいい方で、もう大好き。
踊られるとのことなので、次は是非共に!

もう一人のゲスト 新藤理恵さんもスーパーキューティーで、この世にこんなに可愛い方がいていいのか!
ご一緒して良いのか!と思うくらいキラキラしていてビックリしました。
顔が小さくて凄く高い位置にあるのです!なのに靴下がずれてたりして超面白いの。
お芝居の幅も広くて、こんな可愛い方がそんなことするんだ!という嬉しいギャップの方でした。
実は超男前で 超熱い魂の持ち主で、打ち上げで熱く語り合うことが出来て本当にうれしかった。

それからヴォーカルとサックスの高校生チーム。じょんあちゃん、りおんちゃん。
りおんちゃんの歌声は声質なのか、とても日本人離れしていて聞き惚れてしまったし、
じょんあちゃんのサックスと岳ちゃんのドラムの生演奏も素晴らしいアクセントになっていました。
出番前に緊張してる姿が超可愛かった。

そして順ちゃん先生。この人は本当に妖精なのだと思います。すっげー面白いのに妖精。
みんなも魔法にかかったことでしょう。容姿は無理なのでそこに置いといて、
それ以外のところでここを目指していこうと思いました。
いいお手本になってくれる方々と時間を共にできること、それが一番の幸せです。
皆様本当にありがとうございました!

エミルとエマのでご一緒させて頂いたみんな、王様やタコスも見に来てくれました。
わかが可愛くなってたよぅ…!
 

そうそう、1970年代の横浜のお話でしたので、イケイケでマキマキのフルウィッグをしておりました。
まさか刈り上げで出るわけにもいかず。
みんな何も言わなかったけど、内心わっはっはーってなってたんだろうなぁ!

| 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
| 1/64PAGES | >>
FlyingSaucer1947
しゃふと(笑)
おいでませ
ブログパーツUL5
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
recent comments
recent trackbacks
categories
archives
links
others