So−Co

どうしても書きたいことを書き散らかす日記
しわす

ひー! 必死に生きてたらあっという間に年末になってしまった…
今年の発表会 ”JAM★JAM2017”@ラゾーナ川崎プラザソルは、12月23日に無事終了いたしました。
可愛かったなぁ… 子供たちが一生懸命音に合わせて踊ってるのなんて本当に奇跡です。
足首捻ったり気持ち悪くなっちゃった子もいたけど、無事に終われました。良かった。
私も足攣りながら心身共に充実感一杯で踊らせて頂きました。
足をお運びくださった皆様、また気にかけてくださった皆様、ありがとうございました!
最後までどうなることかと思っていましたが、現場に入らないと分からないこともあるし
実際動いてみないと分からないことも沢山あって、それでもみんなで一つずつ臨機応変に対応して
いつもと違う状況の中でいつのも通りに力を出していくっていうことができて(できたと信じてる)
誰も彼もに気配りできていることなんてきっと出来ていないのだろうけど、
それでも最善を尽くして、その場その場で精一杯取り組んでいくことが大事で
そうした結果が「よかったねー」「たのしかったー」というみんなの表情に出るのだと思いました。
そんなこともうずいぶん前から知ってるんだけどね。

自分も踊るのに沢山お手伝いして下さったあっこ、まなみ、さきこ、本当にありがとうございました。
照明さん、音響さん、カメラさん、映像さん、いつもの心強い面々です。今回もありがとうございました。
がっきーの安定感は勿論のこと、学くんが物凄く音響さんぽくなってて月日の流れを感じました。
それから受付をお手伝いくださったゆうかちゃん、とっきー。ばらしをお手伝いに来てくれたごめすも
お忙しい中ありがとう!
まみママも、ご挨拶ができず失礼しましたが本当にありがとうございました。
それからまこっちゃん、司会とダンス、本当にお疲れ様でした。ありがとございました!

みさまみタコスの先生たちも本当にお疲れ様でした。いい振り作るんですよ、みんな。
毎回楽しませてもらってます。今回はタコスのイケメンズナンバーがめちゃくちゃ面白くて
DVDできたらきっとそればかり見るだろうと思います。それぞれがそれぞれに最高だった。
先生たちは子供たちの振付け、指導、運営だけでなく2部もダンサーとしてほぼ出ずっぱりで踊って
私 何もしてないのに「疲れた…」とか言っちゃってごめんなさいと思いました。

ユウキ先生のタンゴもありまして、ゲストさんも来て頂いてのスペシャル舞台でした。
子供達は前から見ていましたが、幼い時分からそういうものと接することが出来るのは幸せです。
タンゴチームの佐和子さん、るみさんとも長い付き合いになってきました。嬉しいなー。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、去年に引き続きTシャツも作りまして、そこに絵を描かせて頂きました。
今年はショッキングピンクです!お稽古以外で着れないだろう派手な可愛いやつ!


きゃわいいー!
最後のナンバーで全員がこのTシャツ着てて、ほんと可愛かったです。
全体リハーサルの時にも こたろう君・小学一年生が「これ嫌いじゃない」的なことを言っていて
好きって言ってくれていいんだよ〜と思いつつ 嬉しくて顔が緩みまくった2017年12月でした。
みんなの2018年が今年以上に楽しい一年になることを祈って。

| 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
発表会だ!

明日だよー!10月以降の月日の流れにびっくりしちゃう。

子供たちのリハーサルにもお付き合いしてきまして、前回よりさらに上手になって
しかも大きくなって、初めましての子達も可愛くて、月日の流れにびっくり(2回目)。
明日は川崎はラゾーナ川崎内にあるプラザ ソルというホールで行います。
2部制で、1部が子供たちの発表会、2部が大人たちの公演「the gift」となります。
私は主に2部の方で踊らせて頂きます。ショーダンスって楽しいなぁ。
1部は満席ですが、2部はまだご案内できますのでお問い合わせください。
熱を出した11月からあっという間の年末です。記憶がない。
クリスマスっておいしいの〜?状態ですが、社会人なんてそんなもん。
見に来て下さる皆様に楽しんでいただけるように こちらも楽しんできまーす!

| 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
アイノカタチ

劇団Q+ 「アイノカタチ」無事に終了いたしました。
足をお運びくださった方々、また気にかけて下さった方々、ありがとうございました!
演出の柳本さんをはじめ関係者の皆様、共演して下さった皆様、
この場に呼んでくれた美沙先生、横浜にぎわい座と のげシャーレの皆様、
本当にありがとうございました。

どうなるんだろう。。。と思った事は正直何度もありました。
小屋入りしてからも 大丈夫だろうか…と思う事は正直何度かありました。
でもそれぞれのお稽古の量、そこにかける時間、自分やみんなとの関係の積み重ねがあり
それらは確実に力になって、それぞれの自信にもなる。
加えて 現場に入ってから現れる瞬発力とか場所の魔法、そういうものが本当にあるんです。
そればかりに頼っていてはいけないのですが、やっぱり力を貸してもらうんだなと思いました。
本番になって幕が上がればお客様からも沢山の力を頂きます。本当に有難いのです。
それを少しでもその場でお返しさせて頂けますようにと思いながら あの場に立たせて頂きました。

携帯カメラのパノラマ機能って凄いね!

この劇団の このタイトルのお芝居に関わることが出来て本当に嬉しかったなぁ。
新しい出会いを頂いて、世界を拡げて頂いて、そこでたくさん勉強させて頂きました。
柳本さんの演出の素敵さ(見本の芝居がとても素敵なのです)や 一人一人を活かしていこうとする姿勢は
一発で何かを捨てそうになってしまう自分にとって学ぶことが多かったです。
また、脚本のしんべえさんと お稽古中写真を撮って下さっていたしんじさんの、受け止める度量の広さ。
お二人は我々の癒しでした。お二人の喜んでくださる姿が嬉しくて頑張れたところもあります。
大好きで、最後一緒に写真を撮りたかったのですが 柳本さんとしんじさんはご多忙で
しんべえさんとのツーショット…と思いきや キクチが乱入。

キクチでかい。

劇団員のみんなは真面目で働き者で一途で、ちょっと不器用だけど一生懸命で可愛くて、
余りある「芝居したい!」というエネルギーで満ち溢れていました。めげないし打たれ強い。それ大事。
初めましてのどこの馬の骨かも分からない自分を温かく迎え入れて下さり、本当に有難かったです。
あれ? 私ずっとここにいたんだっけな、と思うくらい馴染ませてくれて嬉しかった。

ゲストのお一人 中村容子さんは物凄く存在感のある方で、何もかもに安定感があり
このお芝居を稽古の段階から見られるなんて 何てお得なんだろう!などと下世話なことを思ってしまった。
そこにいるだけでその場が締まる、そんな女優さんでした。お話すると凄くかわいい方で、もう大好き。
踊られるとのことなので、次は是非共に!

もう一人のゲスト 新藤理恵さんもスーパーキューティーで、この世にこんなに可愛い方がいていいのか!
ご一緒して良いのか!と思うくらいキラキラしていてビックリしました。
顔が小さくて凄く高い位置にあるのです!なのに靴下がずれてたりして超面白いの。
お芝居の幅も広くて、こんな可愛い方がそんなことするんだ!という嬉しいギャップの方でした。
実は超男前で 超熱い魂の持ち主で、打ち上げで熱く語り合うことが出来て本当にうれしかった。

それからヴォーカルとサックスの高校生チーム。じょんあちゃん、りおんちゃん。
りおんちゃんの歌声は声質なのか、とても日本人離れしていて聞き惚れてしまったし、
じょんあちゃんのサックスと岳ちゃんのドラムの生演奏も素晴らしいアクセントになっていました。
出番前に緊張してる姿が超可愛かった。

そして順ちゃん先生。この人は本当に妖精なのだと思います。すっげー面白いのに妖精。
みんなも魔法にかかったことでしょう。容姿は無理なのでそこに置いといて、
それ以外のところでここを目指していこうと思いました。
いいお手本になってくれる方々と時間を共にできること、それが一番の幸せです。
皆様本当にありがとうございました!

エミルとエマのでご一緒させて頂いたみんな、王様やタコスも見に来てくれました。
わかが可愛くなってたよぅ…!
 

そうそう、1970年代の横浜のお話でしたので、イケイケでマキマキのフルウィッグをしておりました。
まさか刈り上げで出るわけにもいかず。
みんな何も言わなかったけど、内心わっはっはーってなってたんだろうなぁ!

| 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
今週末
何回でも載っけちゃおう。

先日通しをしました。
プラちゃん達のパシフィコ公演の日のことです。もちろん私はお稽古に行きました。
駅でライブ会場に向かう海月ちゃんを何人か目撃して、分かるもんだなぁ という興味深さと
た、楽しんできて……っ(´;ω;`) という心の叫びを腹の底から投げかけてお見送りしました。

そして通しです。「通った…」という感慨がございました。
初めて見る場面もありましたので、やっと全部の姿が分かったという気持ちと
一人のお客さん目線で、一瞬凄く「わぁ…」と思った瞬間がありました。
いつか完成するんだろうとは思っていましたし、〆切もありますし
完成させなければ皆さんにも見て頂けないのですが、何というか、
終わっちゃうんだな、という気持ちが強くなったのも確かに分かりました。

本を読みながら勝手に想像する映像ってあるじゃないですか。
町とか空気とか音とか。舞台のそれは頭の中のものとはだいぶ離れているのですが
そこら辺の齟齬を抜けたある一点で、書いた人の気持ちと自分が重なったり
逆に読んだだけでは分からなかった事が演出と演じ手によって分かったり
常にお芝居をしたり見慣れている人には当然なのかもしれませんが、
それがとても新鮮で、何だか複雑な、いつもとは違う感じを満喫しております。

皆さんが頑張ってくださって、8月5日(土)は昼も夜も完売だそうです。
8月6日(日)はまだ少しお席に余裕があるようですので、是非遊びにいらしてください。
奇妙にフワフワしてまだ決めきれてない動きもたくさんあるのですが、
のげシャーレ様に仲良くして頂いて、現場の空気を感知しつつ地に足付けて、
みんなで完成させたいと思います。よろしくお願いしまーす!
| 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
考えること

をずっとしています。
提出する場があっての創作は大変に楽しい。
一人で勝手に考えてるのも楽しいんですが、それが形になって嵌め込まれて完成する
そういう一連の流れの中で一役をちょこっとだけでも担っている事が凄く嬉しい。
この頃は音を聴いてそこに合う動きを当てるのが楽しくなってきました。
音に合う動きってあるんですよね。しっくり来る動きを選ぶ感じです。
それまで動きを先に作って後から音に当てるやり方をしていましたが、
たまたまそれが合致していたから違和感なかったわけで
ぱーん!と上に行く音なのに下に行くような振りだとやっぱり「あれ?」と思うのです。
そこでそれに代わる、その音にフィットする高さの動きを探すんですが
徐々にその焦点が合いやすくなってきました。

さて劇団Q+さんの舞台ですが、一言台詞がありました。
いや参った。一言だけどどうなんだこれは。必死こいて頑張ります。
脚本家さんが演出家さんの言葉をその場で拾ってまとめてみんなに投げるんですが
その脚本家さんのメモの言葉がとても優しくてですね。
「●●しましょう」とか「●●すると面白いよ」とか「…て感じ」とか
言葉を読んで癒されるってこともあるんですね。
それぞれメンバーさんへの気持ちや動きへの指示なんですが、
こっちだよ、そっちじゃないよ、こうしたらいいよ、みたいに
寄り添いながら歩いてくれてる感じで、実は読むのを楽しみにしている俺がいる。

しかしみんな、本当に尊敬します。あんなに沢山のセリフを覚えられるなんて。
1対1ならまだしも、複数いる場面になると結局は全員の言葉を分かってないと
自分が喋るところに入れないじゃないですか。いやー、ほんとすごい。みんなエライ。
でもきっとその「人たち」が生きて動いていれば必然性とかが生まれてくるんでしょうね。
この人が喋った後には必ずこの人が突っ込む、みたいなさ。そういう関係性が継続してるとかさ。
いや参った。私の喋りなんか きっと脚本家さんもどこを突っ込めば…という感じだろうな。
せっかくの舞台に水を差さないようにしっかり生きたいと思います!
是非そんなアワアワした俺を見に来てくれ!


2017年8月5日,6日 のげシャーレです!素敵なホールです。
観劇帰りの夜の桜木町も楽しみね。

| 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
ジャズダンスワークショップ2日目
ゆかちゃんに呼んで頂いてのジャズのワークショップ、2回目でした。
体調悪くて会えない子もいましたが、前回より時間が早まっているのにもかかわらず
ほぼ同じ面子の子達が参加してくれて本当に嬉しかったです。

前回のレッスンでの経験も含めて、まずは体をほぐしていくストレッチ。
「さり気なく動くようになっていく」というのが目標です。
後姿が余りにも可愛くて写真撮っちゃいました。
 
まるでキッズヨガ。超かわいい。
子どもなので柔らかいです。既に堅い子もいましたが、やっていくうちにちゃんと伸びるからね!

自分が踊り始めた初期に、先生方はどんな風にお稽古して下さっただろうと
事有る毎に思い出したりしていましたが、それは飽くまで参考にしかなりませんでした。
その時・その場にあった動き、言葉でやるのが一番です。
腹筋・側筋は何にしても大事ですから、これからもアザラシを宜しくお願いします。

振りは前回の続き。音が鳴ったらみんな動き始めてくれて うわぁ!となりました。
まさかそんなに覚えててくれてると思っていなかったので感動です。
時間配分と振りの進め方が下手くそでちょっとだけしか進めず申し訳ない気持ちが残りましたが
最後、みんながかなり自分のものにして踊ってくれている姿を見られただけでも満足です。

そうそう、お稽古中 ずっと「私 退かれてるかもしれない…」と思いつつ(無茶な事ばっかさせるから)
ちょっと様子を見ながら接していた可愛い子ちゃんがいてですね。
終わってからその子が「ありがとうございました」と言ってきてくれた時に
私、心底安心したと同時に ああ、ちゃんと伝わってたんだ!と思って本当にうれしかったです。
ほんの少しでも、小さくても、何らかのきっかけや記憶になれたら之幸い至極であります。
ジャズダンス楽しかったな、もっとやりたいな と思ってくれたらいいな。

そしてここ最近よく思うことは、自分は人に場所を作ってもらって
その上に乗せてもらって 生かしてもらってるんだなということです。
仕事にしろ、ダンスにしろ、人脈にしろ、その土台を作ってくれた人がいて
自分がその中に入れてもらっている、と常々思っては感謝する日々です。
今後は してもらったことを少しでも返して行けるように、徐々にでも自分が広げていって
皆と一緒に楽しんでいけたらなと思います。
ゆかちゃん、貴重なお時間をくれて本当にありがとうでした!
| 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
ジャズダンスワークショップ

今日はダンサー仲間・ゆかちゃんの生徒さん達に向けてジャズダンスのワークショップをしてきました。
みんないつもはヒップホップを踊っているので、踊ることには慣れている面々です。
先に通常レッスンの動画をもらっていたのですが、体もよく動くし とっても上手!
これにどこまで切り込んでいったら良いかは当日にならないと分からんな…と思って
ジャズダンスっぽい振りだけ用意していきました。作るの大好き!

初めましての時はいつもちょっと不安も緊張もあるのですが、
そういうのも全部杞憂に終わりましたし、物凄く勉強させて頂きました。
来てくれる子達がいる、それだけでも「わぁ!」と思ってしまうのに
見様見真似でも同じようにしてくれようとする姿を見て、物凄く自分の過去を思い出しました。
私もかつて先生達の姿を見て、真剣に真似して、分かって、今があるんだもの。
こうして自分が伝えられる立場になったこと、伝える機会を頂けることが本当に有難いです。

「正しく立つ」というところから、ストレッチとバレエ(この俺がバレエ…っ!)の基本のキをほんの少し。
ヒップホップは通常どういうレッスンをしているか分からないのですが、
先生の作る格好いい振りに添って「リズムに乗って」「格好良く踊る」ことに特化して
ストレッチとかリズムを取るお稽古を中心にするのでしょう。
だから彼らにとってこの場は「今こうして踊っている体は、実はこういう風になっている」という
逆算で解明していく作業になるのかなと思いました。
派手な動きもないしきっと退屈だろうな、やりにくいだろうなと思うのですが
それを積んでいった果てに何でも踊れるような体が出来上がっていくんだよということを教えたくて
物凄く頑張ってしまった。そうなの、バレエとかちゃんとやってると何を踊ってもきれいな形になるんです。
自分でやって見せる、ということがこんなにも効果的なのか!と思った久々の体験でした。

一生懸命吸収してくれようとする真剣なみんなの姿も嬉しく、振りも一生懸命覚えてくれました。
ほら私、自分の振り凄く好きだから、みんなと一緒に踊れるのが楽しすぎて全部本気で踊ってたのです。
そしたらもう体が痛いという…
ゆかちゃんも凄い速さで振りを覚えて一緒にみんなの前で踊ってくれまして、さすが頼りになる!
慣れてくるとみんなの動きもだんだん大きく、雰囲気も汲み取ろうとしているのが分かって
嬉しくてニコニコしながら大汗かいてきました。
少しでも楽しんでくれたり役に立つことができたら、こんなに嬉しいことはないです。
振りは一曲分あるので、次回に続きます。今日来られなかった子との出会いもありそうで楽しみ。
こういう場所を作って下さったゆかちゃんに大感謝です。
いつも自分は周りの人たちのお陰で活かされてるなぁとしみじみ思います。
いつかお返しできるように頑張ります!またよろしくお願いしまーす。

| 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
エミルエマの話(のつづき)

そうそう、出会いも本当に嬉しいものばかりでした。
キラキラした世界から最も遠いところに生きておりましたので周囲の様子を伺いつつのお稽古でしたが
何のことはない、普通の可愛い子ちゃんばかりで。ただとても経験値が豊富でレベルが高く
やっぱキラキラした世界に馴染んでるよねー。
私はその中で できるだけ暗黒風情を削ぎ落とす作業に勤しんでいたのですが、やはり何かが足りず。

変われるか変われないかの瀬戸際でヒーヒー言っていた踊り込みの最後の時期に
「ダンサーが芝居のダンスに交じってる」と言ってくれた方がいました。
浜田順子さんという、この世に存在する本物の妖精で、妖精のくせに超面白い方です。
ダンサーもわりと孤独な作業が続くので、お稽古も末期になって凄く疲れてくると
もういい加減 誰か褒めてくれ!という やけくそみたいな寂しい気持ちになるのですが
そこにこのような言葉を下さり、ああ稽古場にもこんな末端の自分を見ていてくれる人がいた…
と一発で救われたような気持ちになりました。と言っても内容的にはダメ出しですし、
みさタコスは言わずともいつも見てくれていたのですが。
順ちゃん先生は 「私ダンサー」っていうのが出てるとも仰っていて、
まさかそんな!こんなに必死こいて踊ってる「だけ」なのに、とアワアワしましたが
見る人が見たら 本人すら分からず自然と身に付いたそういうものが出ているのも分かるのでしょう。
もっと笑ってできたら無敵、という言葉を下さり、私の気持ちに火をつけてくれました。
無敵!? それできたら凄くいいじゃん! という単純な話です。
そこでパンっと殻が破れまして、方向転換と何やらを振り切った時に大きく開けた感がありました。
そして次のお稽古の時に「こんなに変えてくるとは思わなかった! 超よかった!!」と言って下さり
自分の持って行った方向性が正解だったことも分かりました。
10年周期くらいでしょうか、自分にとって重要な言葉をくれる人と出会える機会は。
今回もそれに恵まれ、そこから漸く自由に呼吸が出来た気がしました。

音楽的にも素晴らしいこの舞台でしたが、ゆい君、やーまんとの出会いも嬉しいものでした。
心底どうでもいいですが、ゆい君て凄くいい匂いがするんですよ。お洒落だなぁ!と感心しました。
そんな彼が作った女王の歌と「前へ進もう」はこの作品を象徴する名曲だと思います。
女王の歌なんてもう、デモ音源が素晴らしいのです。この曲に対するゆい君の愛が溢れてる。
それと同じくらい みさタコスの振り付けにも愛があるのが分かるのです。
どうやってみんなを活かそうか、どうやったらお客さんが楽しんでくださるか。
表現の出力先は違っても伝えようとする大元は一緒なんだな、と実感しました。
みんなみんな、普通に生きていたら知り合う機会なんてない凄い人達です。
それがこうしてタイミングとご縁で繋がるのだから 本当に何がきっかけでご一緒するか分かりません。
毎回同じことばかりで恐縮ですが、その渦の中に自分がいることにびっくりするし、有難いです。

そうだ、写真があるんだ。

無事に終わった最後の集合写真。キッズかわゆい。


久しぶりにアートの娘たちが揃ったのです!


早入りのメンバーでした。

みさママやひとみママなど、支えてくれる方々とも直接ご挨拶させて頂けて嬉しかったです。
その方達が私を認識して下さっていることにも感激しました。しかもいつも私の暗黒面しか見ていない皆さんが
「ふみちさん今日はニコニコして踊ってたね」と言って下さっていたようで、いやはやお恥ずかしい限り…

舞台面があって、照明が入って音響が整って、お客さんがいて、それで私達にも魔法がかかるんです。
お稽古場では出せなかった最後のキラキラは、皆さんがいて下さって出せるようになるのです。
だから皆さんがいて下さって舞台が完成するのです。不思議ですね。
次からはお稽古場からキラキラを出せるように頑張りたいと思います。
今後ともどうか一緒に楽しんで頂けますように。どうぞよろしくお願いします!

| 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
エミルとエマの話

無事に終了いたしました!
劇場に足をお運びくださった方々、来れずともお気遣いくださった方々、本当にありがとうございました!
この歳にして 新しい扉を開いてしまいました。だってまず「妖精」ですもの。
妖精だの 赤い水玉のババアだの シマシマの人だの雪の精だの、振り幅が大きくて楽し過ぎました。
何より客席にいる皆さん方が楽しんでくださっているお顔を見ながら踊れること、
こんな嬉しいことはないです。
今回は表に出ず演出に徹していた みさにも見せてあげたい素敵な光景でした。
小さいお友達もたくさん来て下さったようで、エミルエマがお話してるところで
「あー」とか「にゃー」って聞こえてきてね、一緒になってお話してるんだろうなと思ったら
可愛くて可笑しくて破顔しちゃいました。

この素敵なお話を書いてくれたみさ先生、振付けに演出に本当にお疲れ様でした。
最後まで作品をより良くすることを諦めず、そのために言葉を尽くして伝えることが
どんなに大変だったか計り知れません。
そしてみさ先生と共に様々に振りを考え、出涸らしになるまで悩んで
キラキラした世界を生み出してくれたタコス先生も お疲れ様でした!
お二人の振りがそれぞれ大好きでした。
タコス先生はウサギとしても頑張らねばならない中での振付け作業で、頭も一杯だっただろうし
時間と己とみさ先生との闘いも相当辛いものだっただろうなと本当に思います。
お二人が悩んでいる姿と「できた!」となる瞬間を見てきて、
自分も生み出すことの大変さを知っているだけに、よくこれだけ出せるなと感心するとともに

これらを大事に踊っていかねばと常に思っていました。
 

さらにチラシやパンフ、チケットも手がけさせて頂き、本当に好き勝手にやらせてもらったのに
出演するみんなが告知をするたびにそれが登場し(他にないから当然なんですが)
当日のパンフなどもお客様が可愛いと言ってくれ、チケットもこだわってると言ってくれ
挙句写真を撮ってトゥイダーに上げて下さってるなんて嬉しい事が起こり、
もうわたくし窒息しそうになりました。これら全てのアイデアはみさとタコスによるものです。
こうしたいんです ということに少しでも協力できたこと、その結果自分が一番報われてしまって
本当に本当に感謝しかございません。
しかもチラシに描いた絵がそのまま冒頭のスクリーンに映し出されていたとかで!
それを知らなくて、終わった後にもらった画像で確認して瞠目するという… そのど真ん中で寝てたよ私。
本番前に見てしまっていたらきっと感動して号泣していたことでしょう。知らなくて良かった…

とんでもなくお稽古に勤しんだ2016年・夏でした。動きに動いて汗をたくさんかきました。
終わってしまってとんでもなく寂しいですが、皆さんに少しでも楽しんで頂けていたら幸いです。
座・高円寺2の方々、舞台監督の大貫先生をはじめ照明さん、音響さん、みさ、タコス、
水木さん、順ちゃん先生、2日に出てくれた子供たち、保護者の方々、今回一緒に踊って下さった皆様、
今回初めて知り合ってくれた皆様、受付を護ってくれた皆様、足を運んでくださったすべての方々に、
どうもありがとうございました。

| 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
わ!

久々に文字列検索見たら

「エミルとエマと不思議な森」と
「ソフトバレエ ツインドラム」と
「遠藤遼一 奥二重」と
「今井寿 喋る」と
「@座高円寺エミルとエマの不思議な木」と
「腐った麦茶を飲んだ」

が一緒くたになっててカオス。
皆さんありがとうございます! そう、全部私、関わってる!
あ、バクチクとかソフトバレエは関わってないけど好き!
腐った麦茶は嫌だけど飲んだことある!
あとね、“エミルとエマの不思議な「木」” じゃないんだー、惜しい。
是非遊びに来てね。座・高円寺2にてお待ちしております。
宜しくお願いいたします。

そんなこんなでファンタジーの世界を行ったり来たりしているうちに2016年・夏が終わり。
右往左往している間にすっかり失念していた事がありました。
10月くらいから羽田カルチャーさんで大人のジャズダンスと
キッズのジャズダンスの講座を持たせて頂くことになっておりまして、
ちょこっとご案内させて下さい。


大人の方は「フィットネスダンス」という講座名で出ているようです。
中学生以上を対象に、毎月第2・第4土曜日の16:20〜17:20。
老若男女、皆さんに楽しんで頂けるクラスにできたらなと思っておる次第です。
そうそう、講座案内を出すために見出し?殺し文句?を考えなくちゃいけなくて、
私 考えたんですよ、こういうの不得意なのに。それが
「はじめましての方も お久しぶりの方も、楽しく踊って綺麗な体になりましょう!」
っていうの。我ながらそれっぽくできたなと思ったんですが、普通っぽくていいでしょう。
あと、好感度女子を取り込もうとして 講座名を「くびれ美容ジャズ」にしようかな
と本気で思ってたりしたんですけど、やめておきました。
でも本当に、体を動かして温めて汗かいてその後ビール飲まない、とか
そういう循環が日常的にできたら 自然と2,3キロ落ちてますからね。


そしてキッズの方は小学校高学年以上が対象になります。
前に少し習ったことがあるけど付いていけなくてやめちゃった、という子や
習いたいけどやったことないから大丈夫かな、と不安な子にも
楽しんできてもらえる場所にしていけたらなと思っています。
こちらは毎週土曜日の15:00〜16:00に。
基礎から丁寧に体の動かし方をご指導させて頂きます。目指すところは
「いつの間にか格好良く踊れるようになってた(◎△◎)!」です。
大人も子供も 本当はみんな踊るの大好きなんです。一緒に楽しみましょう。

どちらも無料で体験して頂ける日が以下になっております。
☆9月24日(土) 、10月8日(土)
 両日とも こどもクラス15:00〜16:00、おとなクラス16:20〜17:20になっております。
羽田カルチャーさんにお問い合わせいただけたらと思います。
http://www.culture.gr.jp/detail/haneda/index.html
「アートウォーカー専属ダンサー 池田富美」と とうとう本名での登場です。
楽しそうに踊る写真まで出ちゃって…  すいません。どうぞよろしくお願いいたします!

 

| 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
| 1/9PAGES | >>
FlyingSaucer1947
しゃふと(笑)
おいでませ
ブログパーツUL5
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
recent comments
recent trackbacks
categories
archives
links
others