So−Co

どうしても書きたいことを書き散らかす日記
ジャズダンスワークショップ

今日はダンサー仲間・ゆかちゃんの生徒さん達に向けてジャズダンスのワークショップをしてきました。
みんないつもはヒップホップを踊っているので、踊ることには慣れている面々です。
先に通常レッスンの動画をもらっていたのですが、体もよく動くし とっても上手!
これにどこまで切り込んでいったら良いかは当日にならないと分からんな…と思って
ジャズダンスっぽい振りだけ用意していきました。作るの大好き!

初めましての時はいつもちょっと不安も緊張もあるのですが、
そういうのも全部杞憂に終わりましたし、物凄く勉強させて頂きました。
来てくれる子達がいる、それだけでも「わぁ!」と思ってしまうのに
見様見真似でも同じようにしてくれようとする姿を見て、物凄く自分の過去を思い出しました。
私もかつて先生達の姿を見て、真剣に真似して、分かって、今があるんだもの。
こうして自分が伝えられる立場になったこと、伝える機会を頂けることが本当に有難いです。

「正しく立つ」というところから、ストレッチとバレエ(この俺がバレエ…っ!)の基本のキをほんの少し。
ヒップホップは通常どういうレッスンをしているか分からないのですが、
先生の作る格好いい振りに添って「リズムに乗って」「格好良く踊る」ことに特化して
ストレッチとかリズムを取るお稽古を中心にするのでしょう。
だから彼らにとってこの場は「今こうして踊っている体は、実はこういう風になっている」という
逆算で解明していく作業になるのかなと思いました。
派手な動きもないしきっと退屈だろうな、やりにくいだろうなと思うのですが
それを積んでいった果てに何でも踊れるような体が出来上がっていくんだよということを教えたくて
物凄く頑張ってしまった。そうなの、バレエとかちゃんとやってると何を踊ってもきれいな形になるんです。
自分でやって見せる、ということがこんなにも効果的なのか!と思った久々の体験でした。

一生懸命吸収してくれようとする真剣なみんなの姿も嬉しく、振りも一生懸命覚えてくれました。
ほら私、自分の振り凄く好きだから、みんなと一緒に踊れるのが楽しすぎて全部本気で踊ってたのです。
そしたらもう体が痛いという…
ゆかちゃんも凄い速さで振りを覚えて一緒にみんなの前で踊ってくれまして、さすが頼りになる!
慣れてくるとみんなの動きもだんだん大きく、雰囲気も汲み取ろうとしているのが分かって
嬉しくてニコニコしながら大汗かいてきました。
少しでも楽しんでくれたり役に立つことができたら、こんなに嬉しいことはないです。
振りは一曲分あるので、次回に続きます。今日来られなかった子との出会いもありそうで楽しみ。
こういう場所を作って下さったゆかちゃんに大感謝です。
いつも自分は周りの人たちのお陰で活かされてるなぁとしみじみ思います。
いつかお返しできるように頑張ります!またよろしくお願いしまーす。

| 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
新年度

始まりましたー。4月おめでとー。入学式おめでとー。

3月には卒業式があって、昨日は入学式があって、例の如く武道館にお邪魔したわけですが
こういう仕事してなければ武道館の裏側なんてウロウロ出来ないものね。
相変わらず、季節を痛感する日々を過ごしております。
そうそう。入学式が終了しまして、昨日は平日だったのですけれど外に出たら
荒波のように押し寄せてくる人、人… 千鳥ヶ淵にお花見にいらしていたようです。
確かにお花見には良い日でした。だが虚弱体質で既に人酔いしている我々には厳しい現実でして、
日々お世話になっている同僚のよちこと共に日本橋まで逃避してしまいました。
何がお目当てだったかというと、これだ。


何だと思うー? 「とうめし」だよー!


よちこに連れてきてもらったのです、おでんの名店「お多幸」さん。名前がとてもいい!
そして我々が食したのが

とうめし定食ー!
どうですこの素敵なルックス。煮込んだお豆腐が一丁、ご飯の上に盛られているのです。
出てきた瞬間 食べきれるかな…と思うのですが、味の沁みた絹ごし豆腐の美味しさと柔らかさに
「何だこれー!」と思っている間にペロリでした。ものすごくおいしい!
無敵時代のよちこが一度に二回食べたというほどの最強の食べ物です。また行きたい。

さて、物知りな よちこから「三越でお福分けがあるらしいよ」との情報を聞き、
おなかが一杯になった我々は日本橋三越へ。
お福分けって何だろ?と思っていたら、大きなおまんじゅうを分けて頂けるとのこと。
それがこれです。

ひゃー!丸越印のがおまんじゅうです。ほぼ餡子。
どのくらいの大きさがあったのかなー。遠目で見ても高さ30cmほどはあったかなぁ。
縦横ともにそんな重量級の柏屋さんのお饅頭です。
整理券がまだあったので頂きまして、取り敢えずミカドコーヒーへ。
ミカドコーヒーと言えばソフトクリームだよねー。でも日本橋ブレンドにしてみたのです。
コーヒースタンドに慣れた自分にはとても居心地のいい店内で、大好きな感じのお給仕でした。
日本橋ブレンドはだいぶ大人のお味で、私みたいなペーペーにはちょっと早かったかもしれない。
次はソフトクリームを食べます(断言)。

それにしても「日本橋」っていう街の特性なのでしょうか、懐が大きくて余裕があって
こんなペーペーにもすごく優しくしてくれて、受け入れてくれる感じが物凄くありました。
あまり用事が無くて良く知る機会もなかったのですが、大好きになっちゃった(また)。
だって凄いんですね、日本橋三越。天女がいたよ。

分かりにくくてごめんなさい。
これを飾るために天井を高くしたのか、天井が高いからこれを飾ることにしたのか。
あ、これロンドンのハロッズだよ、とか言っても違和感なさそう。そういう感じ。

お福分けは無事に頂けました。ずっしりと重い小箱に餡子の部分を。
それにおみくじが入ってて、恋愛のおみくじなんですけど もれなく大吉。笑
やーさーしーいーー!!
こういう所なんですよ、日本橋の素敵なところって。おじいちゃん大好き!ってなります。
今度はちゃんとお散歩しにまた来たいと思います。
楽しかったー!

| 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
ふりおとされんなよー?

プラちゃんの横浜ベイホール行ってきちゃった! 今年一本目のライブでした。

毎度自分の記憶に留めておくための備忘録です。
下らないことばかりなのと時系列もバラバラなのできっと私しか楽しくないのですが、
まだツアーも4本目が終わったところなので隠しときますね。

続きを読む >>
| 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
KA・FU・N
今年もやってきました。
例年、始まる時に 今年は勝つ!とやる気満々でいるのですが、1か月経つ頃には完敗です。
花粉です。
本来味方であるはずのマスク先輩にも負けます。あまりにも毎日していると皮膚が剥けるのです。
年齢を重ねるごとに「顔はやめて!」と本気で思うようになり(あとが大変)
今年は苦肉の策でとうとうこれを試してみることにしました。

か、買ったった…っ!嗚咽。

何故をこれを選んだかというと細野さんがCMしてるからです。それだけか。
あと鼻の中に入れるマスクも買いました。一回試してみたかったの、鼻穴用だけのマスク。
マスク先輩大好きなんですけど、1日の8割くらいでずっと装着してると
耳が痛くなる→頭が痛くなる→偏頭痛が起こり易い という別の症状も出てくるので
不快感を少しでも和らげられるなら何でもしたい気持ちになるのです。
花粉症なんて世界で一番馬鹿らしい症状だと思っていますが、対策を怠ると辛いのは自分なので
防げるものは全力で防ぎたいし、あらゆる可能性を試してみようと。
ネトルっていうハーブのお茶も飲んでみてるんですけど、なんていうかね、まぁお茶だしね。
お茶で症状が良くなるならアレルギーの薬(高価なやつ)なんて要らないしね。
…なんて穿ったことをぼんやり考えてしまう私にネトルのお茶の効果が出るわけない。
すいませんすいませんすいません!
本格的に花粉が飛び始めた屋外に通常のマスクなしで出ることにビクビクするだろうなと思いつつ
それらにどのくらい効果があるか早く使ってみたい今日この頃です。

でも真面目な話、砂糖も抜いてるから少し症状も緩和されるんではないかと思ったりもしてます。
なんだかこれまでの食生活が全てを左右している気がして 色々「たられば」を思うんですが
今まで凄くおいしかったし楽しかったし、今だって甘いものを食べたい気持ちは萎えないので
上手く付き合っていこうと思います。だってやっぱおいしいし楽しいもん。
よく砂糖抜きをされた方の体験談で
「甘いものが目の前にあっても食べたいという気持ちはなくなります」的な話が書いてありますが
私の場合全然なくなりません。チョコの季節が来ると ぅわぁ美味しそう!って思うし
黒糖饅頭なんかあったらいつだってペロリしたいくらい食べたいです。
そうそう、こないだバレンタイン特集の冊子でシュガーフリーのチョコを紹介してたんですが
すごく高くてびっくりしました。オーストラリアのなんですが日本未発売らしくて
まとめ売り+渡航費で7,000円くらいしちゃうの。
さすがにそれを買う選択はないなと思いましたが、やっぱり世界的に「そういう意識」もあるし
「そういう商品」も作るだろうし、需要もあるんだなと思った次第です。
あれ? なんの話だっけ。

花粉も始まりつつ毎日極寒で、おまけに入試シーズンですね。全力で応援してるぞ!
受験生も社会人も疲労困憊の冬の末期ですが、合間に休んで、緩めて、好きなこともして、
良い春を迎えられますように。
| 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
女子のサガ
面倒くさい事が多いのが女子の特徴なんでしょうか。
別に何も問題定義したくないのですが、女子に肩書きを与えるほど厄介なものはないなとか
そういことを最近よく考えます。私の周りでの話です。上昇志向の子って案外いるんですね。
私は働き始めのころから生涯一ペーペー人生を送るんだろうなと漠然と思っていて
そしてそれは大筋その通りになっていて、とても気楽だし自分に合っていると本当に思っているのですが
人によって立場が変わると徐々に上着が変わるみたいに大きい気持ちになって
それがイコール ステイタスになるっていう子もいるんだわ、と人間観察の中で思った次第です。

シャツ→カーディガン→ジャンパー→ジャケット→コート→すげー毛皮のコート みたいな。
       ↑私はずっとここら辺

ところで、『忙しい』は武器ですね。
忙しいから仕事の本筋でないことは出来ない、ということらしいのです。
大概そういう人は私語や別のところでの露出が多かったりするんですけど。
「忙しいから云々」という人は本当に忙しいんだろうなと思いながら
持っている本筋の仕事に物凄くプライドを持っているんだろうなと思ったりもします。
つまり それ以外のコトは私のする仕事ではない、という意図が透けて見える時がある。
あからさまにそういう態度をしているのかもしれないですし、だとしたらそれは
私みたいな人間には正確に伝わっているので 強いなぁ(いろいろと) と思います。

でも重宝がられるって大事な気がします。色んなところから声がかかったら楽しいですよね。
でも案外みんなそういう気持ちじゃないんだな。
こちらがお願いしたいなと思っても結果が出てこなかったらお願いされなくなりますもんね。
期日を決めても出てこないんじゃ信用もできないですし、できないんだ、と思われて終わります。
勿体ないなぁと思うのですが、それが本人のスタンスなら仕方ない。
そうやって「諦める」という判断をするんだなと思いました。
今まで人に対して「諦める」ということをしたことが無かったんです。
どっちかというとそうされないように全力で応えねば、という気持ちが強かったので(ペーペー)。
でもこんなペーペーでも次第に判断を下す側になってきてですね、
結果が出ないなら仕方ない、連絡が無いなら仕方ない、言葉が通じないならしょうがない、
話してもこう返って来るんじゃ埒が明かない、という。人間って大変ですよね。
諦める時はみな無言です。徐々に距離を持って、そこから遠ざかっていく。
改めて言葉にする必要性もないですし、それをされると逆に厄介だなと感じます。
で、そういう人ってたまに話すと物凄く自分を高い位置に置いていてビックリするという。
超ビックリします。意識してないのが分かって自然とそうなっているのが凄いのです。
あなたいつからそんな偉くなったの、という趣旨の言葉が出そうになりますが
他のところに行った時に大変になるんだろうなと思って黙ってます。

つまりは最近わたしの身近でそういう事が何件かあったということです。
そういう人と接して、自分のことを見返ることを忘れていたなぁと思いました。
私もきっとそういう事をしている。調子に乗っていた。見る人から見たら厄介かもしれない。
きっと私の話を聞いて「鼻に着くな」と思った人もいたはず。
80%自分の思い通りになると思っているから心を治めるのが難しいのだ、等々等々。
きっと、本当に類は友を呼ぶんです。それが「同族嫌悪」なのだと分かったら凄く嫌だった。
そういう笑い話にいつかできるように 自分を客観視しながら謙虚に生きていきたい。
そんなような事を強く思った2017年、センター試験一日目の夜。受験生頑張れ。
| 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
本日は

こちらへ。


浜松町は何年ぶりでしょうね… 姉と行ってきました。
昔は結構来てたんですが、最近はなかなか観に行きたーい!と思う作品の上演機会に出会えず
2017年正月を越してしまいました。

 

続きを読む >>
| 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
20161229

これまで全くなかった年末感がここでドーンとやってきました。
今年も無事に見られて大感謝です、武道館。

師匠が武道館の神様からご褒美を頂き、私もおこぼれに預からせて頂きました。えへへへへ。
あんな大きな場所で一人一人のお顔が判別できるなんて奇跡。ありがとうございます!

さて、ここからはいつものアレなので言い訳は書きませんね。
ただいつにも増して時系列がめちゃくちゃなのでごめんなさい。
ご一緒して下さる方はどうぞ。

続きを読む >>
| 12:10 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ふみち
12月のこと

うわー、年末だ… 昨日御用納めして来まして、晴れてお休みに入った私でございます。
誰も興味ないと思うけどね、ここ最近 何をしていたかというと棒編みですね。どうでもいいー!
とうとう棒編みに手を出してしまった。
何年前かには理解できず放置していた事が少し時間と距離を置くことで分かるようになるという不思議。
だって私にも出来ちゃったもん。ほら!


そしてアートウォーカーでの子供たちのクリスマス会もありました。

去年よりずっと上手になったみんなのダンスに感動でした。こんなに上手になるんだねー!
みんなのダンス好きだー!という気持ちが原動力になっているのがよく分かりました。
そしてみんな、先生たちのこと大好きなんだろうな。
みさタコスまみの3先生ズも、一年間お疲れ様でした!

トドメはこちらです。

わかばちゃんのスタジオの公演。
出演されてた皆さまは私の母の年に±15くらいの方々なのですが、舞台上でキラッキラしていて
ちょっと私、凄く勉強させて頂いたと共に心があらわれるようでした。
動きは内面から出るんだなとひしひし実感した次第です。誤魔化せないのですよ。
こちらには みさタコスゆうかちゃん堀籠がゲストで出演していて、みんなもキレッキレのキラッキラで
もうねぇ、人を笑顔にするというのはこういうことなんだなと本当に思いました。
わかばちゃんもお若いのにこのような素晴らしい舞台をオーガナイズしていて本当に凄いことです。
大変癒されました。皆さま本当にお疲れ様でした!
  
写真が上手くなくてすみません… あからさまにお顔潰してごめんなさい… ゆうかちゃん足細すぎ…

ロビーコールあったのですが、出演者もさることながら受付嬢には愛美とれな様が配属されていて
圧倒的にエミルとエマの同窓会状態で、久し振りに会う懐かしい親戚にまとめて会ったような
安心感や嬉しさがありました。つい先日会ったばかりなのにこんな感じになるなんて。
みさ、出会わせてくれてありがとうね。

といった感じで、暇な私は残すところ武道館ですよ へっへっへ…
インプットたくさんして来年につなげたいと思いまーす。

| 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
最近のこと

国立新美術館へ行ってきました。
最初からどうでもいい話ですが、この類の施設の名前が物凄く覚えられなくて困っています。
新国立劇場とか東京芸術劇場とか東京国立博物館とか東京都美術館とか国立劇場とか。
似たようなの多いので大体場所で説明することにしてます。今回は乃木坂だ。
今井さんも行ったかもしれないダリ展の長蛇の列を横目に見ながら日展を見に行ったのです。
知り合いの方が彫刻をされていて(どうでもいいけど超美人の方)今回チケットを頂きました。
父が書家のようなことをしているので、日展といえば「書」のイメージしかなかったのですが
その他に日本画や洋画、彫刻、工芸美術もあったという。お恥ずかしながら初めて知りました。
というくらいなので、こういう形で彫刻を見るのは初めてです。
入ってすぐ彫刻に囲まれます。圧巻。動かない人たちの中を縫っていくような感じで
これ夜になると動いたり喋ったりしてるんだろうなと思いながら見ていました。
多くは人間の裸体なのですが、その中にキリンやヤギ、シロクマやワンコがいたり。わくわく。
それぞれ佇まいが違うのですが、物言わぬ分 作った方の意識が透けて見えるようでした。
いや、私如きがド素人の分際で大それたことを言いましてすみません。
ただ単純に好みだけで言ったら片手で顔を覆って嘆くピエロが秀逸でした。
それから都知事賞を授与されている彫刻は素晴らしかったです。女性の方の作だったと記憶していますが
何をどうしたら賞を獲れるという事に全く知識がない私が見ても凄いなぁ!と思ったので
きっと大変な技術がおありになるに違いない。莫迦ですいません。
それらには勿論タイトルが付けられているんですが、センスって大事ですね。
こういう時にすごく勉強になりますし、磨かねば!と思います。
それから書も拝見しまして、時代によって書体にも流れがあるのかなと思った次第です。
私が連れて行かれていた20年〜15年くらい前まではもう少し隷書とかが多かった記憶があるのですが
とても少なかったように見えて ほほぅ、こういうものにも流行があるのかもと興味深く見ました。
そうそう、ここで私は本当にこの人の子供なんだなと思ったことがありまして
父は先に見に行っていて 写真を撮ってきていたらしく、今日初めてそれを見たのですが
私が現地で「これがいいよね」と話していたものがカメラに収められていたので大笑いしました。
だよね、だから私はこの人の言うことを一番信頼してるんだろうなと改めて思い、
だからきっとここがずっと物を作る上での基準になるんだよなと思ったのでした。
この人がいいと思えばそれはきっといいのだろう、という話です。

さて、美術館といえばミュージアムショップです。ここのショップはとても楽しくて好きです。
週末だったので人も多く、ざわついている中 はっ!となったのは凄く久々な体験でした。
流れている音楽のリズムトラックが超好みだったからで、一番最初に反応したのが耳でした。
音の元を探してスピーカーの近くに行くとこの子が。

12曲目のmemoriesという曲が流れていました。
言ったら大好きなおじいちゃんに何年かぶりに会ったような感覚というのでしょうか。
何故ならサッドネス パート1を髣髴とさせるような音だったから。エニグマです。
間違いなくお持ち帰りです。お店の人は「流してみるもんだな」と思ったことでしょう。
こうしてちゃんとナウプレイングを教えてくれるお店はとてもいいですね。
私なんぞ洋服屋さんに行ってもかかってる音楽が気になると洋服そっちのけで
いま流れてる音なんですかと店員さんに向かって行ってしまいますので、
言わずとも分かってくれるというか、お好きならどうぞ的に商品を鳴らしてくれるのは
本当に痒いところに手が届く素敵仕様だと思います。

さて、不勉強なことで存じ上げておりませんでしたが、
このアーティストはSERPHさんというらしく、日本の方だとのこと。
エレクトロニカというか、どちらかというとドリームポップ寄りな音で
最初カテゴリーとして「ドリームポップ」が出てきたときに
ドリームポップってあーた(笑)…と思っていたのですが この音はまさに、でした。
キラキラしていて、軸はゆっくりしたいのに周囲がちょっと急いでいて
ガチャガチャしてズレそうになるんだけど ギリギリのところで保っている、それがとても可愛い。
まだ初めましての私が受けたのはそういう感じです。とてもきれいで意図的に不器用でかわいい。
音楽が好きで音楽に救われて、音楽に雁字搦めにされて、でも作り続けることで昇華しているような
そういう印象を受けました。が、それらはただただ私が推測していることばかりなので
依然としてSERPHさんについては分からないことばかりですが、
たまの外出で、その時間にそこにいたから聴けた音で、と考えると
この世の出会いはすべてタイミグと巡り合わせ、で、自分へのインプットに必要だから
聴かせてもらえたものだとしみじみ思います。なんだかすごく映像的な音楽です。

そんな感じで、最初から最後まで何か作りたいなという気持ちがウズウズした一日でした。

 

| 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
20161109

アトム未来派ナンバーナイン の中野サンプラザに行ってきました。
横浜アリーナぶりの兄さん達で、アルバムツアーはどきどきわくわくです。
平日なので半ドンしちゃいましたすすすすいません!時間に余裕が無さそうでしたので。
まだツアーも真ん中くらいだと言うので全力でネタバレしないようにしますね!
つってもいつも通り大した事 言ってないです。ふふふ。
思い出した順番に超雑に書き連ねていくので行きつ戻りつの申し訳ないものですが
ご興味ある方はズイっとどんぞ。

続きを読む >>
| 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ふみち
<< | 2/63PAGES | >>
FlyingSaucer1947
しゃふと(笑)
おいでませ
ブログパーツUL5
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
recent comments
recent trackbacks
categories
archives
links
others